白坊主
しろぼうず

 三重県、大阪府、広島県、静岡県に伝わる妖怪。
 三重県や大阪府では夜道に現われる妖怪とされていて、柳田國男の「妖怪名彙」(1938)には「シロボウズ 泉州では夜分路の上でこの怪に遭うという畏怖が今もまだ少し残って居る。が化けるもののようにいうが無論確かな話でない。は藍縞の着物を着て出るというから、この白坊主とは別である」 と記されています。
 広島県に伝わる白坊主は、2メートルほどの大きさの妖怪だとされ、正体は河童だと言われています。
 静岡県の富士郡芝富村長貫では、“どんど焼き”をしている際に、白鳥山から「ホーイホーイ」と呼ぶ白坊主の声が聞こえてきました。気味が悪かったので、その年は“どんど焼き”を止めましたが、次の年の“どんど焼き”でも同じことが起こったため、とうとう“どんど焼き”が行なわれなくなってしまいました。

 


参考文献
本妖怪談義』 柳田國男 (修道社)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)

関連頁
もののけが湧く書庫
 └ 妖怪名彙 柳田國男 1938〜1939年


もののけが集うホームページ

 

inserted by FC2 system