塩の長司
しおのちょうじ


『絵本百物語』一 「塩の長司」
桃山人・文、竹原春泉・画
【江戸時代】

 『絵本百物語』(1841)に描かれている怪異。
 「家に飼たる馬を殺して食しより馬の霊気常に長次郎が口を出入なすとぞ この事はむかしよりさまざまにいひつたへり」 と記されています。
 加賀国(石川県)の小塩の浦にいた塩の長司という人は、馬をたくさん飼っていて、馬が死ぬとその肉を食べていました。あるとき長司は、漬け置いた肉が尽きたので、年をとって役に立たなくなっていた馬を殺して食べました。するとその日、長司の夢に殺した馬が現われて、自分の喉に噛みつきました。それからというもの、老馬を殺した時間になると、その老馬の霊が出現し、長司の口から身体の中へ入り込んで、腹の中を傷めていくようになりました。医療や祈祷の効果もないまま100日ほど経ち、長司は重荷を背負う馬のような真似をして死んでしまいました。この話から、うろたえ騒いでいることを「長次郎馬でも呑んだか」と言うようになったそうです。

 


参考文献
本竹原春泉 絵本百物語―桃山人夜話―』 多田克己 編、京極夏彦 ほか文 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system