死神
しにがみ


『絵本百物語』一 「死神」
桃山人・文、竹原春泉・画
【江戸時代】

 人間を死へ誘う神。
 『絵本百物語』(1841)にも死神が描かれ、「死神の一度見いれる時は必ず横死の難あり 自害し首くくりなどするもみな此のもののさそひてなすことなり」 と記されています。

 


参考文献
本竹原春泉 絵本百物語―桃山人夜話―』 多田克己 編、京極夏彦 ほか文 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

 

  

inserted by FC2 system