七人ミサキ
しちにんみさき

 中国地方や、高知県などの四国地方に伝わる怪異。
 川、磯、沖合いなどのような水辺に7人組で現われます。これに会った人は熱が出て寝込んでしまいます。
 溺死した者が七人ミサキになると言われていますが、その他にも、7人の女遍路が海に捨てられたもの、7人の平家の落人が猪の落とし穴に落下して死んだもの、などと伝える土地もあります。
 七人ミサキは、人を1人殺すと7人のうちの1人が成仏し、殺された人が新たに加わります。
 徳島県には川で出会うものを川ミサキ、山で出会うものを山ミサキ、道で出会うものをドウロクジンと呼称する地域もあります。
 また、岡山県には七人ミサキと呼ばれるミサキ神が祀られている地域があります。これに憑かれた人は首を吊りたくなるのだそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system