瀬女
せおんな

 福島県に伝わる妖怪。
 夜、阿武隅川で漁をしていると、激流の中に立つ女の人影が見えることがあるそうです。これは寝ている石女(月の物を知らない女のこと)の身体から抜け出た生霊だと言われています。
 人影が男性の場合は瀬坊主と呼ばれます。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system