洗濯狐
せんたくきつね

 静岡県に伝わる妖怪。
 夜、平釜川でジャブジャブと洗濯しているような音をたてます。
 柳田國男の「妖怪名彙」(1938)には「センダクキツネ 洗濯狐。夜になると水の岸に出て、ざぶざぶと物を洗う音をさせる怪。遠州西部ではその作者を狐ときめて居る(静岡県伝説昔話集)」 と記されています。

 


参考文献
本妖怪談義』 柳田國男 (修道社)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)

関連頁
もののけが湧く書庫
 └ 妖怪名彙 柳田國男 1938〜1939年


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system