センポクカンポク

 富山県に伝わる妖怪。『民間伝承』通巻68号にあるもの。
 顔が人間に似ているという大きなドンビク(蛙)。死人がいる家の掛け蓆に現われます。1週間すると大戸の外に出ますが、それでも3週間は家にいて、4週間ほどすると墓に行くとされています。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system