さとり


『今昔画図続百鬼』雨 「覚」
鳥山石燕
【江戸時代】

 日本各地でいう、人の心を読む妖怪。
 ある人が山小屋で火を炊いていると、そこにサトリが現われました。相手の心を読む力を持っているサトリは、隙ができたらその人を食べてしまおうと考えていました。しかし、人が囲炉裏の薪をくべようとしたとき、たまたまサトリに薪がぶつかってしまい、サトリは「人は思いもしないことをする」などと言って逃げていきました。
 静岡県では、ザラザラザッタラという名前で同じような妖怪が伝えられています。

 鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』(1779)にも覚が描かれ、「飛弾美濃の深山に かく あり 山人呼で覚と名づく 色黒く毛長くして よく人の言をなし よく人の意を察す あへて人の害をなさず 人これを殺さんとすれば先その意をさとりてにげ去と云」 と記されています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system