猿鬼
さるおに

 石川県に伝わる妖怪。
 柳田村の岩井戸神社の裏に岩穴があり、そこに猿鬼が棲んでいました。その姿は猿に似ていて、頭には角が一本生えていました。これが村人たちに害をなしたので、氏神に退治されたと言われています。死んだ猿鬼の角は、今も伊夜比盗_社にあるそうです。
 柳田村には当目という場所があります。これは、氏神の放った矢が猿鬼の目に当たった場所であることに由来する地名だそうです。また、黒川という地名は、猿鬼の死体から黒い血が川のように流れたことに由来するそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system