猿神
さるがみ

 日本各地に伝わる妖怪。
 ある山里の村では、毎年娘を一人、猿神への生贄にするという風習がありました。あるとき、この村に犬をつれた猟師(または僧侶など)が訪れました。娘の代わりに猿神のもとに行った猟師は、犬とともに猿神を退治しました。
 以上のような話が基本形で、活躍する犬には「しっぺい太郎」「早太郎」「べんべこ太郎」「めっき」「めっけ犬」「三毛犬」「四毛犬」「目検枷」などの名前がつけられていることが多いようです。また、退治される化け物については、猿神ではなく、狸、猫、狒々、蜘蛛だとする話もあります。

 岡山県や徳島県には、猿神という名称の憑き物が伝えられています。これに憑かれた人は大暴れするそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system