皿かぞえ
さらかぞえ


『今昔画図続百鬼』晦 「皿かぞえ」
鳥山石燕
【江戸時代】

 鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』(1779)に描かれている妖怪。
 『播州皿屋敷』のお菊を描いたもので、「ある家の下女十の皿を一つ井におとしたる科によりて害せられその亡魂よなよな井のはたにあらはれ皿を一より九までかぞへ十をいはずして泣叫ぶといふ 此古井は播州にありとぞ」 と記されています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system