三目八面
さんめやづら

 高知県の申山に伝わる妖怪。
 目が三つ、顔が八つある怪物で、隣の村に行こうと通りかかった人を襲って食べていました。
 土佐山の豪族である永野若狭守の弟、注連太夫が、山鎮めの御幣を立てて、三目八面のいる山に火を放ちました。三目八面は暴れだし、地響きをたてて死亡。その死体は隣の村までまたがるほどの大きさだったそうです。
 山は焼けてしまいましたが、山鎮めの御幣は残りました。そのことに由来し、「鎮め石」や「鎮め所」といった字名があるのだそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system