寒戸の婆
さむとのばば

 岩手県に伝わる山姥の類。
 柳田国男の『遠野物語』に「黄昏に女や子供の家の外に出ている者はよく神隠にあうことは他の国々と同じ。松崎村の寒戸というところの民家にて、若き娘梨の樹の下に草履を脱ぎおきたるまま行方を知らずなり、三十年あまり過ぎたりしに、ある日親類知音の人々その家に集まりてありし処へ、きわめて老いさらぼひてその女帰り来たれり。いかにして帰って来たかと問えば、人々に逢いたかりしゆえ帰りしなり。さらばまた行かんとて、ふたたび跡を留めず行き失せたり。その日は風の烈しく吹く日なりき。されば遠野郷の人は、今でも風の騒がしき日には、きょうはサムトの婆が帰って来そうな日なりという」 と記されています。
 ちなみに、岩手県の遠野には寒戸という地名が存在しないそうです。柳田に「寒戸の婆」の話を教えた佐々木喜善は、同じ話を『東奥異聞』に「登戸の茂助婆」として書いています。「寒戸」は「登戸」の間違いかもしれません。

 


参考文献
本 『新版 遠野物語 付・遠野物語拾遺』 柳田国男 (角川学芸出版)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system