地黄煎火
じおうせんび

 『絵本小夜時雨』に記されている火の妖怪。
 江州(滋賀県)水口に膝頭松という木があり、そこで地黄煎(地黄の汁を穀芽の粉に練りこんでつくる飴)を売っていた人がいました。あるとき、その人は盗賊に殺されてしまい、その執念が留まって、雨の夜には陰火となって飛んだのだそうです。

 


参考文献
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)
本 『カラー版 幽霊画談』 水木しげる (岩波新書)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system