ジャンジャン火
じゃんじゃんび

 奈良県に伝わる火の妖怪。
 「ジャンジャン」という音を出しながら飛ぶもので、心中した男女の霊が火になったものだとも言われているそうです。ホイホイ火、残念火とも呼ばれています。
 柳田國男の「妖怪名彙」(1939)に「ジャンジャンビ 奈良県中部にはこの名をもって呼ばれる火の怪の話が多い。飛ぶときにジャンジャンという音がするからともいう。火は二つで、二つはいつ迄も逢うことが出来ぬといい、これに伴なう乙女夫川・打合い橋などの伝説が処々にあった(旅と伝説八巻五号)。柳本の十市城主の怨霊の火と伝うるものは、又一にホイホイ火ともいう。人が城址の山に向ってホイホイと二度三度喚ぶと、必ずジャンジャンと飛んで来る。これを見た者は病むというから(大和の伝説)、そう度度は試みなかったろうが今でも至って有名である」 と記されています。

 


参考文献
本妖怪談義』 柳田國男 (修道社)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)

関連頁
もののけが湧く書庫
 └ 妖怪名彙 柳田國男 1938〜1939年


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system