ジャン

 高知県の浦戸湾に伝わる、音と光の怪異。
 「ジャンジャン」という音がして、海の上が雷のように光ります。この現象が起こると、それからしばらくの間は魚が獲れなくなるそうです。「おじゃんになる」という言葉の語源だとも言われています。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)

関連頁
もののけが湧く書庫
 └ 怪異考 寺田寅彦 1927年


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system