キャツ

 兵庫県に伝わる怪異。
 夜、海の上で火が燃えるというもので、難破船の船員の亡魂だとされています。
 また、帆を張った(または帆柱を1本立てた)船がこちらに向かってくるのに、こちらが火を灯すと船が消えてしまうことがあります。これもキャツによる怪異なのだそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system