黒塚
くろづか


『画図百鬼夜行』陽 「黒塚」
鳥山石燕
【江戸時代】

 鳥山石燕の『画図百鬼夜行』(1776)に描かれている安達ヶ原の鬼婆。
 「奥州安達原にありし鬼 古歌にもきこゆ」 と記されています。

 昔、京都の公家屋敷に岩手という乳母が奉公していました。環の宮という姫が病気になった際、妊婦の腹にいる赤ん坊の生き肝が薬になると知った岩手は、放浪の末、安達ヶ原へとたどり着きました。安達ヶ原の岩屋に住みついた岩手は、そこで妊婦が訪れるのを待ちました。ある日、ひとりの妊婦が宿を求めて岩屋を訪れたので、岩手はその妊婦を殺害。腹から赤ん坊を取り出しました。ところが、岩手が殺した妊婦は、じつは岩手の娘だったのです。それを知った岩手は気がおかしくなり、以来、岩屋に来た旅人を殺害しては人肉を食う「安達ヶ原の鬼婆」になってしまいました。
 あるとき、東光坊祐慶という僧が岩屋を訪れました。鬼婆は祐慶を殺そうとしましたが、祐慶はどうにか岩屋から逃走。後から包丁を持った鬼婆が追いかけて来たので、祐慶は如意輪観音に助けを求めました。すると突然、雷が鬼婆に落下。鬼婆は死んでしまいました。
 鬼婆の死体が埋められているという場所が真弓山観世寺の近くにあり、そこは黒塚と呼ばれています。また、観世寺の境内には鬼婆の棲み家だったという岩屋も現存しています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)
本 『妖怪ウォーカー』  村上健司 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system