クランガイ・トゥク
Kurangai tuku

 ニュージーランドのマオリ族に伝わる妖怪。クランガイ・トゥプとも言います。
 巨大な女で、怪力を持っています。唇は突き出ていて、腕に薄い翼があり、空を飛行しながら鳥を獲って食べます。
 あるとき、ハウトゥパトゥという男性が兄弟と喧嘩し、ひとり森の中を歩いていました。すると、ちょうどそこに鳥を獲りにきたクランガイ・トゥクが出現。ハウトゥパトゥを捕らえて、自分の棲む洞窟に連れて行ってしまいました。クランガイ・トゥクはハウトゥパトゥに何羽かの鳥を食べさせました。翌朝、クランガイ・トゥクは洞窟の入り口を塞いでから、鳥を探しに出発。ハウトゥパトゥは鳥を食べ終えた後、カラキアの呪文の歌によって洞窟の入り口を開き、そこから逃げ出しました。ところが、ともに外に出た鳥がハウトゥパトゥの逃亡をクランガイ・トゥクに密告。クランガイ・トゥクはハウトゥパトゥを探しに戻って行きました。ハウトゥパトゥは、逃げているうちに熱湯の涌き出る場所にたどり着きました。彼が湯の縁を慎重に周って行くと、後からクランガイ・トゥクが追いついてきました。しかし、熱湯に気がつかなかったクランガイ・トゥクは、そのまま熱湯の中に沈んで死んだそうです。

 


参考文献
本世界の怪物・神獣事典』 キャロル・ローズ、松村一男 監訳 (原書房)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system