管狐
くだぎつね

 長野県周辺、東海地方、関東地方南部、東北地方などでいう憑き物。
 管狐は家で飼われることが多く、そうした家は「管使い」「管屋」などと呼ばれます。管狐を使えば、他の家から金品を集めることができるので、管狐の飼い主は裕福になります。しかし、管狐は次々と増殖し75匹にまで増えるうえに、大食漢なので、そのうちに食いつぶされてしまいます。
 管狐の姿は、鼠や鼬のような小動物で竹筒に入るほどの大きさだとか、マッチ箱に入ってしまうくらいの大きさである、などと伝えられています。
 この憑き物はもともと、霊山での修行を終えた山伏が、現在の奈良県にある大峯や金峯山のような、山伏の官位を出す山に授けられるものだとされています。狐使いとなった山伏は、管狐を竹筒に入れて飼います。管狐は食事を与えられると、人の心を読んで飼い主の山伏に教えるのだそうです。また、他者に取り憑かせて病気にさせることもできるといわれています。狐使いが死ぬと、管狐は王子村(東京都)に棲みつきます。ここは関東におけるの親分の膝元なのだそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system