首無し馬
くびなしうま

 愛媛県、高知県、島根県、東京都の八丈島、徳島県、兵庫県、福井県、福島県などに伝わる妖怪。首切れ馬と呼ぶこともあります。
 柳田國男の「妖怪名彙」(1939)に「クビナシウマ 首無し馬の出て来るといった地方は越前の福井にあり、又壱岐島にも首切れ馬が出た。四国でも阿波ばかりでなくそちこちに出る。神様が乗って、又は馬だけで、又は首の方ばかり飛びまわるという話もある」 と記されています。
 徳島県の祖谷山では節分の夜に出るとされ、四辻に行けば見えると云われています。

 また、愛媛県の大三島にはチンチン馬という妖怪が伝わっています。
 これも首がない馬で、年の暮れの寒い夜などに現われるそうです。

 


参考文献
本妖怪談義』 柳田國男 (修道社)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)

関連頁
もののけが湧く書庫
 └ 妖怪名彙 柳田國男 1938〜1939年


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system