小袖の手
こそでのて


『今昔百鬼拾遺』霧 「小袖の手」
鳥山石燕
【江戸時代】

 鳥山石燕の『今昔百鬼拾遺』(1781)に描かれている妖怪。
 「唐詩に昨日施僧裙帯上断腸猶繋琵琶絃とは妓女亡ぬるをいためる詩にして僧に供養せしうかれめの帯になを琵琶の糸のかかりてありしを見て腸をたちてかなしめる心也 すべて女ははかなき衣服調度に心をとどめて なき跡の小袖より手の出しをまのあたり見し人ありと云」 と記されています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system