小雨坊
こさめぼう


『今昔百鬼拾遺』霧 「小雨坊」
鳥山石燕
【江戸時代】

 鳥山石燕の『今昔百鬼拾遺』(1781)に描かれている妖怪。
 「小雨坊は雨そぼふる夜大みねかつらぎの山中に徘徊して斎料をこふとなん」 と記されています。
 「大みね」は奈良県の金峰山、「かつらぎ」は奈良県の二上山と葛城山のことで、修験道の霊地です。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system