コロポックル

 アイヌ民族に伝わる妖怪。
 アイヌ以前に北海道にいた小人の民族だといわれています。
 十勝に伝わる伝説によると、アイヌに迫害されたコロポックルが、その地を去るときに「水は枯れろ、魚は腐れ」という意味の「トカップチ」という呪いの言葉を発したのだそうです。十勝という地名はこの言葉に由来しています。
 宗谷に伝わるコロポックルは、魚や鹿を人間に分けてくれましたが、姿をなかなか見せませんでした。あるとき、コロポックルの女がアイヌの男に攫われてしまい、コロポックルたちはその地を離れていきました。また、アイヌの女がする口元の入れ墨は、もともとはコロポックルの女がしていたものを真似したのだといわれています。
 コロポックルという名前は「蕗の下に住む人」という意味で、その他にトイセコッチャカムイ、トイチセウンクル、トンチとも呼ばれています。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system