古庫裏婆
こくりばば


『今昔百鬼拾遺』雲 「古庫裏婆」
鳥山石燕
【江戸時代】

 鳥山石燕の『今昔百鬼拾遺』(1781)に描かれている老婆の妖怪。
 「僧の妻を梵嫂といへるよし輟耕録に見えたり ある山寺に七代以前の住持の愛せし梵嫂その寺の庫裏にすみゐて檀越の米銭をかすめ新死の屍の皮をはぎて餌食とせしとぞ 三途河の奪衣婆よりもおそろしおそろし」 と記されています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system