小女郎火
こじょろうび

 『摂陽奇観』に記されている火の妖怪。
 摂州島上郡芥川に、八丁縄手という松原がありました。そこでは、雨が降る夜に陰火が現われて、通った人の荷物や笠に付くことがありました。これは八丁縄手で殺された小女郎という女の念が火になったもので、浄瑠璃や小唄を歌っていると飛び去っていきますが、念仏を唱えるとさらに付きまとうそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system