木魅
こだま


『画図百鬼夜行』陰 「木魅」
鳥山石燕
【江戸時代】

 木の精霊。木魂、木霊、古多万、谺などとも表記します。
 鳥山石燕の『画図百鬼夜行』(1776)にも描かれ、「百年の樹には神ありてかたちをあらはすといふ」 と記されています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system