湖坊主
こぼうず

 茨城県に伝わる妖怪。
 明治30年ごろ、土浦から乗客を30人乗せた蒸気船が出港しました。船の中は賑やかでしたが、なぜか突然静かになってしまいました。ある船員が様子を見に行くと、乗客たちは一斉に船員に注目。その乗客たちは、みんな天狗の顔になっていました。船員から話を聞いて、他の船員も見に行きましたが、そのときには乗客の顔は人に戻っていました。やがて船は木原という場所に着き、乗客30人は下船。ところが、乗客が全員降りたはずの船の中には子供が1人乗っていて、現われたりいなくなったりしました。その子供もそのうち現われなくなりましたが、積荷の公魚がすべてなくなっていました。
 これは湖坊主というものの仕業だったのだそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system