狐松明
きつねたいまつ

 山形県に伝わる狐火の類。
 柳田國男の「妖怪名彙」(1938)には「キツネタイマツ 狐火と同じものらしいが、羽後の梨木羽場という村では、何か村内に好い事のある際には、その前兆として数多く現われたといって居る(雪の出羽路、平鹿郡十一)。どうしてだということが判ったかが、寧ろより大きな不思議である。中央部では普通に狐の嫁入りというが、これは行列の火が嫁入りと似て居て、どこにも嫁取が無いからそう想像したのであろうが、それから更に進んで、狐が嫁入の人々を化かし、又は化けて来たという話も多く出来て居る」 と記されています。

 


参考文献
本妖怪談義』 柳田國男 (修道社)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)

関連頁
もののけが湧く書庫
 └ 妖怪名彙 柳田國男 1938〜1939年


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system