倩兮女
けらけらおんな


『今昔百鬼拾遺』雲 「倩兮女」
鳥山石燕
【江戸時代】

 鳥山石燕の『今昔百鬼拾遺』(1781)に描かれている妖怪。
 「楚の国宋玉が東隣に美女あり 墻にのぼりて宋玉をうかがふ 嫣然として一たび笑へば陽城の人を惑せしとぞ およそ美色の人情をとらかす事古今にためし多し けらけら女も朱唇をひるがへして多くの人をまどはせし淫婦の霊ならんか」 と記されています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system