ケナシコルウナルペ

 アイヌ民族に伝わる妖怪。
 ザンバラ髪の女の姿をしていて、山狩りに来た人間を熊に襲わせたりします。
 ある男性が山で子熊を捕まえて檻の中で飼っていましたが、夜になると女が檻の前に現われるようになりました。そしてなぜか、檻の中にいたはずの小熊は禿頭の少年に変わっていて、女が手拍子を打つと、少年はそれに合わせて踊りだします。そこで男性は悪魔払いの木幣で熊祭をして、熊を殺しました。すると熊の死体はリスになったそうです。
 この妖怪はイワメテイェプ、ケナシウナラペ、ニタッウナラペとも呼ばれています。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system