ケチ火
けちび

 高知県に伝わる火の妖怪。
 柳田國男の「妖怪名彙」(1938)に「ケチビ 土佐には殊にこの話が多い。大抵は人の怨霊の化するものと解せられて居る(土佐風俗と伝説)。竹の皮草履を三つ叩いて喚べば近よるといい(郷土研究一巻八号)又は草履の裏に唾を吐きかけて招けば来るというのは(民俗学三巻五号)もとは人の無礼を宥さぬという意味であったらしい。佐渡の外海府にも人魂をケチという語がある」 と記されています。

 


参考文献
本妖怪談義』 柳田國男 (修道社)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)

関連頁
もののけが湧く書庫
 └ 妖怪名彙 柳田國男 1938〜1939年


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system