風の三郎様
かぜのさぶろうさま

 長野県、新潟県、福島県に伝わる風の神。

 長野県の伊那では「風の神の三郎様」と呼ばれています。
 昔、天気が大荒れになったとき、風の神の三郎様が獅子に追いかけられて、黒牛に乗って逃げました。風の神の三郎様は南方村の北山方へたどり着くと、山中の洞窟に隠れました。それ以来、この洞窟には風の神の三郎様が祀られるようになり、金の注連縄や御幣束が奉納されました。ところがあるとき、奉納した注連縄や御幣束が盗まれてしまいました。怒った風の神の三郎様は大暴れしましたが、犯人を見つけ出して盗品を返すと、風は静まったそうです。
 ちなみに、この近辺のお宮では、風の神の三郎様を祀って以来、獅子舞をする習慣がなくなりました。獅子を出してしまうと風の神の三郎様が怒るのだそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system