かわうそ


『画図百鬼夜行』陰 「獺」
鳥山石燕
【江戸時代】

 のように、獺も化けることがあると伝えられています。
 獺が化けた者は、「誰だ?」と聞かれると「アラヤ」と答え、「どこの者だ?」と聞かれると「カワイ」と答えるのだそうです。
 高知県や石川県などでは、獺は河童の仲間だとされており、相撲を取ることもあります。
 青森県では、生首に化けて網にかかり、人を驚かすと言われています。人の精魂を抜くとも言われ、抜かれた者は愚かになるそうです。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)
本 『全国妖怪事典』 千葉幹夫 編 (小学館ライブラリー)


もののけが集うホームページ

 

 

inserted by FC2 system