川天狗
かわてんぐ

 東京都、埼玉県、神奈川県、山梨県に伝わる妖怪。
 東京都の多摩川にある大畑淵では、かつて川天狗がいつも岩の上に座っていたそうで、ミミズを煎じて飲むと熱病に効くということを村人に伝えたと言われています。
 神奈川県では、夜に川へ漁をしに行くと大きな火の玉が急に転がることがあったそうで、それが川天狗のしわざだと考えられていました。これと同じようなことは埼玉県や山梨県でも伝えられています。
 また、山梨県の道志川にあるクソマタ淵で釣りをしていた子供は、黒い色をした坊主姿の川天狗に「子供、子供」と呼ばれたそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system