川手
かわて

 長野県に伝わる妖怪。
 昔、農民の甚兵衛が薪を取るために野辺山原のあざみ原に行くと、皿のように大きな目をした妖怪が木の根元から現れました。甚兵衛はすぐにその場から逃げましたが、夜になると妖怪は山から甚兵衛の名を叫びました。甚兵衛は頭が変になり、「川手やーい」と言いながら妖怪のもとへ行こうとしました。やがて甚兵衛は、精神異常のために檻へ入れられたそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system