川蛍
かわぼたる

 『利根川図志』にある火の妖怪。
 印旛沼(千葉県)に出没する、蹴鞠ぐらいの大きさをした蛍の光のようなもの。水の上から一、二尺のあたりを離れたり集まったりしながら飛びます。夏から秋にかけて、雨が降る日の夜に多く現われるそうです。
 夜の印旛沼で漁をしていると、舟にこの川蛍が入ってくることがあります。舟棹で川蛍を叩くと、川蛍は砕けて散り、舟が火で覆われてしまいますが、それでも燃えることはありません。しかし、舟には油のようなヌルヌルしたものと、強い生臭さが残ってしまうのだそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system