片葉の葦
かたはのあし


「本所七不思議之内 片葉ノ芦」
歌川国輝
【明治時代】

 本所七不思議のひとつ。
 むかし、留蔵という男がお駒という女を殺害して、堀に死体を投げ込みました。その後、この場所には片葉だけの葦が生えてくるようになったそうです。

 


参考文献
本 『津々浦々「お化け」生息マップ』 宮本幸枝-著、村上健司-監修 (技術評論社)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system