カスンテ

 アイヌ民族に伝わる妖怪。
 人とパイカイカムイの間に生まれたとされ、何度殺されても生まれ変わる力を持っていましたが、厚岸のアイヌがカスンテの顎の上下を別々に処理して以来、生まれ変わらなくなりました。ところがその後、カスンテを殺した人たちは疱瘡で命を落としていき、最後まで生き残っていた人も津波で死んでしまいました。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system