カシャンボ

 三重県や和歌山県に伝わる妖怪。
 青い衣を着た芥子坊主頭の子供。ゴーライ(河童)が山へ行くと、カシャンボになるとされています。カシャボ、ガシャンボウ、カシラ、カシランボウとも呼ばれます。
 和歌山県のとある家では、河童が入山してカシャンボになるとき、一匹ずつ小石を家に投げ入れて知らせたそうです。また和歌山県の一部では、カシャンボは一つだたらとも呼ばれていて、一本足の妖怪だと言われています。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system