火車
かしゃ


『画図百鬼夜行』陽 「火車」
鳥山石燕
【江戸時代】

『百怪図巻』 「くはしや」
佐脇嵩之
【江戸時代】

 日本各地に伝わる妖怪。
 葬式の際や、または墓場から人の死体を奪い去るそうで、年をとった猫が火車に変化するという伝承もあります。

 罪を犯した亡者や生者を迎えに来る地獄の獄卒が引いているという「火の車」が、この妖怪の由来だとされています。

 

日本各地に伝わる火車の類
名前 地域
火車 日本各地
肝取り(キモトリ) 鹿児島県
キャシャ 岩手県、長野県
クワシャ 静岡県、徳島県、愛媛県
テンマル 群馬県
マドウクシャ 愛知県
マドー 群馬県

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪図巻』 京極夏彦 文、多田克己 編・解説 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

 

 

inserted by FC2 system