源助山の飛び火
げんすけやまのとびひ

 『譚海』にある火の妖怪。
 かつて松江城下(島根県)の源助山という山で源助という人が処刑されましたが、後に祟りをなしたので、塚をつくって祭りました。しかし、雨降る夜になると怪火が湖の端に現われ、湖の上を飛ぶようになりました。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system