加牟波理入道
がんばりにゅうどう


『今昔画図続百鬼』晦 「加牟波理入道」
鳥山石燕
【江戸時代】

 江戸時代頃に広まった、厠に現れる妖怪。雁婆梨入道、眼張入道とも書きます。
 当時は、大晦日の夜に「加牟波理入道ホトトギス」と唱えれば妖怪を見ないで済むと言われていました。また『甲子夜話』によると、厠で「雁婆梨入道」と唱えると入道の頭が出てくるので、その頭を左袖に入れて再び出すと、頭が小判に変わるそうです。

 鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』(1779)にも加牟波理入道が描かれ、「大晦日の夜厠にゆきてがんばり入道郭公と唱ふれば妖怪を見ざるよし世俗のしる所也 もろこしにては厠神の名を郭登といへり これ遊天飛騎大殺将軍とて人に禍福をあたふと云 郭登郭公同日の談なるべし」 と記されています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system