餓鬼憑き
がきつき

 日本各地に伝わる憑き物。
 山などで餓鬼にとり憑かれると、空腹になり、動けなくなってしまいます。餓鬼憑きに遭ったときは食べ物を食べればいいと言われています。
 高知県では、餓鬼にとり憑かれたときのために、弁当を一口分ぐらい残しておくそうです。それを餓鬼飯といいます。
 新潟県では、餓鬼にとり憑かれた人には、まず軽い食事(雑炊、粥、味噌汁など)を出します。いきなりたくさん食べさせてはいけないのだそうです。
 和歌山県では、山で弁当を食べるときに少しだけ飯を周囲にまくと、餓鬼に憑かれないと言われています。また、もし憑かれたら米を一粒だけでも食べれば助かりますが、米がないときは米という文字を手に書いて嘗めるだけでも効果があると言われています。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system