骸骨
がいこつ


『今昔画図続百鬼』明 「骸骨」
鳥山石燕
【江戸時代】

 鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』(1779)に描かれている骨。
 「慶運法師骸骨の絵賛にかへし見よおのが心はなに物ぞ色を見声をきくにつけても」 と記されています。

 また鳥取県では、丑三つ時の夜道を歩いていると、たくさんの骸骨が出てくることがあったと伝えられています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system