ウヮーグヮーマジムン

 沖縄県に伝わる妖怪。
 金城朝永の「琉球妖怪変化種目」(1931)に「ウワーグワー・マジムン 豚のお化。(家畜として豚を養い、脂肪濃い豚肉を愛用する琉球には豚は又他の多くの民間説話中でも欠くべからざる主人公の役割を演じている。)「毛遊び」の時に見知らぬ人が飛び入りした時、それがほんとの人間であるか、豚の化物であるかを識別する時は、次の囃子を唱うと豚の化物であったら逃げ出す。 ウワー・ンタ(豚武太) グーグー・ンタ(グーグー武太) 又単に豚の形をして現れて、しきりに人の股間を潜ろうとする。潜られると矢張りマブイを取られて死ぬ」 と記されています。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)
本 『怪異の民俗学2 妖怪』 小松和彦・責任編集 (河出書房新社)

関連頁
もののけが湧く書庫
 └ 琉球妖怪変化種目―附民間説話及俗信― 金城朝永 1931年


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system