牛鬼
うしおに


『画図百鬼夜行』風 「牛鬼」
鳥山石燕
【江戸時代】

【江戸時代】
青峰山根香寺(香川県)に伝わる、牛鬼を描いた掛軸。

『百怪図巻』 「うし鬼」
佐脇嵩之
【江戸時代】

 九州、四国、近畿地方などに伝わる妖怪。
 頭は牛、身体は鬼または蜘蛛という姿をしていて、主に海や淵などに現われます。
 愛媛県の宇和島では、和霊神社の大祭など、作り物の牛鬼が出てくる祭りがあります。
 和歌山県では、牛鬼と出会うと病気になり、影を嘗められるだけで殺されると言われています。多くの伝承では、牛鬼は獰猛で人に危害を加える怪物とされていますが、三尾川谷には牛鬼が人助けする話があります。
 九州や山陰では、磯女濡れ女とともに現われると伝えられています。

 滋賀県や鳥取県では、牛鬼は火の妖怪とされています。
 島根県では、雨が降り続いたときなどに白い光が付いてくることがあり、それを「牛鬼にあった」と言うそうです。この光は火を当てると消えてしまいます。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪図巻』 京極夏彦 文、多田克己 編・解説 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

 

 

inserted by FC2 system