雲外鏡
うんがいきょう


『画図百器徒然袋』下 「雲外鏡」
鳥山石燕
【江戸時代】

 鳥山石燕の『画図百器徒然袋』(1784)に描かれている鏡の妖怪。
 「照魔鏡と言へるはもろもろの怪しき物の形をうつすよしなれば その影のうつれるにやとおもひしに動出るままに此かがみの妖怪なりと夢の中におもひぬ」 と記されています。
 照魔鏡とは、照妖鏡とも呼ばれるもので、妖魔の正体を映し出す鏡だとされています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system