海小僧
うみこぞう

 静岡県に伝わる妖怪。
 ケイカイバの仏島で、ある人が釣りをしていました。すると海の中から、目の辺りまで毛が伸びた小僧が釣り糸をたぐって現われ、にこっと笑いました。その人は怖くなって、地蔵尊をタカンバという場所に建てたそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system