海坊主
うみぼうず


『東海道五十三対』桑名
歌川国芳
【江戸時代】

 日本各地に伝わる妖怪。
 海に現われるもので、身体は黒く、巨大。海の中へ人を引きずり込んだり、船を襲って沈没させたりします。人に化ける能力を持っている場合もあるようです。
 また、舟幽霊のように「柄杓を貸せ」と要求するものだと伝える地方もあるそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system